妊娠中には、それぞれの周期ごとに胎児の期間や機能が作られる場所が異なります。お母さんが妊娠したことを自覚したか、しないかの超初期には、胎児は脳や中枢器官などが作られるわけですが、この時期に妊娠を自覚しないために栄養成分が極度に不足していたりすると、生まれてくる胎児は先天性障害を持っているリスクが高くなってしまいます。

葉酸が主にサポートしているのは胎児の脳や脊髄などの神経管の発育で、これらは妊娠4週から5週目という早い時期に作られます。日本国内では、1万人に6人という割合で発症する先天異常で、妊娠初期に十分な量の葉酸を摂取することによって発症リスクを予防できることが分かっています。

葉酸は通常の食事からも摂取できますが、体内への吸収率がイマイチなので、十分な量を摂取するためにはサプリを活用する方法がオススメです。妊娠してから葉酸サプリを始める場合だと、妊娠に気づく頃にはすでに胎児の脳や中枢器官が作られてしまった後という可能性があります。そのため、発症リスクを最小限に抑えるためには葉酸サプリは妊娠を知ってから始めるのではなく、妊活中からいつ妊娠しても良いように飲んでおくのがオススメなのです。

海外では、妊活中からサプリで栄養補給をする習慣が根付いているため、神経管閉鎖障害の発症数はそれほど多くはないようです。しかし日本ではサプリを普段から摂取する習慣はまだまだ根付いているわけではないため、妊娠を知ってからサプリを探し始めるという妊婦さんがまだ多く、そのために神経管閉鎖障害の発症数はまだまだ多いと言われています。今後、サプリを普段から取り入れる習慣が根付くことによって、こうした胎児の先天異常を軽減できることが望まれています。

ちなみに、海外では、パンやシリアルなど多くの人が口にする食材の中には葉酸を添加物として加えることを義務付けている国もあります。毎日続けて摂取しても健康被害が懸念される栄養成分ではないので、こうした方法で確実に毎日摂取できることは嬉しいですね。


yousansbaner2