ホルモン注射
受精卵が着床して妊娠を継続するために必要不可欠な子宮内膜の状態を改善する作用が期待出来る黄体ホルモンは、体内で分泌されるホルモンの一種で食事などで補給することはできません。体内で不足してしまうとなかなか妊娠しにくい体質になってしまったり、妊娠できても継続しにくくなってしまうため、不足している場合や妊活中の人は黄体ホルモン注射という形で補給することができます。

黄体ホルモン注射の効果


黄体ホルモン注射にはプロゲスデボーとプロゲルホルモンという2種類がありますが、どちらの場合でも妊娠するために必要な生理を起こさせる効果が期待できます。わかりやすくいえば、月経周期を取り戻すようなイメージです。

ホルモンバランスを整えて妊娠しやすい体質づくりができますし、卵子と精子が受精した場合には、着床しやすい子宮内膜を作る効果が期待できます。また、そのまま卵巣機能が回復してくれば月経周期の乱れにも効果が期待できます。

このホルモンは妊活中ではなくても女性の健康を管理するうえではとても大切な役割をしているため、体内で劇的に不足している場合には妊活中でなくても黄体ホルモン注射をすることがあるようです。

そもそも黄体とは?


黄体というのは、排卵後に卵胞が変化してできる器官で、黄体ホルモン(プロゲステロン)を分泌します。
黄体ホルモンによって、子宮内膜が、着床しやすいよう環境が整えられていくんですね。また、黄体ホルモンには、体温を上昇させる効果があるため、基礎体温は高温期になります。

主な副作用


黄体ホルモン注射を打つと、吐き気や頭痛、体のだるさなどの副作用が起こりやすくなります。また、卵巣過剰刺激症候群にかかりやすくなり、卵巣が過度に刺激されてしまうことによってお腹が膨らんだり、胸に水が溜まってしまったり、吐き気や嘔吐などの症状が起こる場合があります。

また、黄体ホルモン注射を打っている期間中に妊娠した場合には、胎児が多胎になる確率が高くなり、双子と三つ子が生まれやすくなると言われています。どんな副作用がどんな度合いで出るかは個人差がありますので、医師と相談しながら自分にとって副作用が出にくい黄体ホルモン注射を選んで治療を続けることになります。

いつからいつまで注射?


黄体ホルモン注射を打つ頻度はその人の状態によって異なります。1週間に1度ということもあれば、毎日とか数日おきという頻度のこともあり、理想的な頻度というものはありません。妊娠した場合には、胎嚢が確認できるぐらいまで続けて、その後は自然妊娠を継続することが多いようですね。

黄体ホルモン注射中している時の葉酸サプリについての考え方


黄体ホルモンを注射しているとき、葉酸サプリはどうしたらいいんだろう?と思う方もおられると思います。私個人の考え方としては、女性ホルモンに働きがありそうな、マカやピニトール系のサプリはやめておいた方がいいと考えています。

注射でホルモンバランスを整えていくため、ホルモンに影響しそうなサプリはやめておいた方が安全度が高いと思うんですね。ですので、選ぶならベルタ葉酸サプリなどの、ビタミン・ミネラル系成分が重視してあるサプリがおすすめですね。