一般的には、健康的な夫婦生活を営んでいるカップルなら、妊活を始めて1年以内に自然妊娠できると言われています。しかし、1年たっても自然妊娠しない場合には、もしかしたら不妊という可能性があるので、病院で検査を受けたり不妊治療を始めることが、効率的な妊活へとつながります。

不妊治療では、まず最初にタイミング療法がおこなわれ、正しい方法で自然妊娠するための努力をしているかどうかを医師の指導の下にチェックされます。

タイミング療法とは?


タイミング療法というのは、分かりやすく言えば、最も妊娠率が高くなる排卵日をチェックしながら、ベストのタイミングでセックスをするという治療方法です。女性は毎日基礎体温計で体温を測りながら、きちんと排卵しているのかを知ることができますし、排卵のタイミングでセックスすることによって、効率的な妊活ができます。

場合によっては、排卵チェッカーを使ってベストのタイミングをピンポイントで調べながらセックスをすることもできますが、排卵日及び前後3日間は、できるだけ妊娠の可能性を高めるために、毎日セックスするのも良いでしょう。

使用される薬について


タイミング療法には、クロミッドなどの排卵誘発剤を使いながら自然妊娠しやすい環境を作る方法もあります。クロミッドは経口の内服薬なので、女性にとっては精神的な負担は少ないですし、自宅に居ながら治療ができるというメリットが期待できます。

セックスのタイミングがずれていたカップルなら、この治療方法で自然妊娠することができますが、続けてもなかなか妊娠しない場合には、どこに不妊の原因があるのかを検査によって突き止めながら、ホルモン療法による治療へと進むことが多いようです。

このタイミング療法は、内服薬ということで治療にかかる費用は比較的リーズナブルで、続けやすいというメリットがあります。どのぐらいの期間続けるかという点は、妊活中の女性の年齢や体質などを考えながら決めることになるため、ケースバイケースとなっています。