不妊症の治療にはいろいろなものがありますが、その中には薬を使った治療法もあります。薬ごとにどのように作用して妊娠しやすい体質づくりができるのかが異なりますが、人によっては副作用が出ることもあるので、治療方法を選ぶ際には体質に合ったものを選ぶことが苦痛なく続けられるポイントとなります。

不妊症の治療で処方される薬


不妊症と診断されたら、まず最初に行われるのはクロミッド・セキソピッドという内服薬が一般的です。これは女性ホルモンのエストロゲンの拮抗薬で、生理が開始してから数日たったら5日間服用するものです。排卵を促進してくれる作用がありますが、子宮内膜が薄くなったり子宮頚管粘液の量が減ってしまうなどの副作用があるため、治療を長く続けることで逆に妊娠しにくい体質になってしまうという問題点があります。

ホルモン療法


その次に行われるのは、ホルモン療法と呼ばれる治療法です。HMG-HCG療法と呼ばれることもあり、卵胞刺激ホルモンと黄体ホルモンを注射によって注入する治療法となります。治療頻度はケースバイケースで異なりますが、妊娠した場合には多胎だったり、卵巣を刺激しすぎて卵巣過剰刺激症候群を発症するなどの副作用が起こる場合があるので、治療を行う場合には副作用が出ていないことを確認しながら続けることになります。

リラックスが肝心


こうした不妊症の治療は、女性にとっては精神的にも身体的にも大きな負担がかかります。仕事をしている人にとっては、仕事の合間を見つけて通院しなければいけませんし、治療を続けているのになかなか妊娠しないと、ストレスやイライラが募ったり、精神的に情緒不安定になってしまうこともあるかもしれません。そのため、不妊症と診断されて治療を受ける場合でも、治療だけに頼るのではなく、毎日を少しでも楽しく幸せな気分で過ごせるような工夫をしたり、疲れすぎずに体を休めてリラックスできる時間を設けるなど、生活習慣を見直して無理をし過ぎないことも妊活ではとても大切な要素となります。