肌荒れ

妊娠初期のスキンケアについて知りたい!

妊娠初期はホルモンのバランスがガラッと変わるので、肌の状態も大変大きく変わることが多いですね。特に水分や脂質のバランスが大きく変わって、オイリー肌と乾燥肌を日々行ったり来たりして、統一したスキンケアが難しくなったりします。

今回は妊娠初期のスキンケアについて使える方法をご紹介していきます。

妊娠初期の肌荒れ対策は日々肌の状態を見ながら丁寧に


妊娠初期はつわりで栄養バランスもガタガタになりがちなので、ホルモンのバランスが崩れたことに加え栄養状態の崩れから肌荒れが横行する時期です。特に口周りは乾燥しているのに、Tゾーンはテカテカなんてよくあることです。基本的に妊娠初期のスキンケアは保湿をベースにして、乳液などのお手入れの加減をしていくのがポイントです。

乾燥している部分には丁寧な保湿と乳液などによつ「蓋」をしっかりすること。一方でオイリーになりがちな部分は保湿をした後の蓋をさっぱりと済ませるなどですね。また妊娠中は肌が敏感になることも多いので、使う化粧品を敏感肌用のものに変更したり、お化粧は薄化粧を心掛けるようにすると肌荒れを抑えやすくなったりします。

他にもやはり肌荒れにはバランスの良い食事と睡眠が何より大切なので、自分が食べられる食材が少なくても、できるだけ栄養が偏らないような食事を摂ることを心掛けるのが大事です。

絶対にしておきたいのは「UV対策」


妊娠をしてから絶対にしておきたいスキンケアに「UV対策」があります。というのも妊娠中というのはホルモンのせいで日焼けをすると、それがメラニンを作りやすくシミを成長させやすい時期なのです。ですから、妊娠中は初期から後期まで時期に関わらず、しっかりとUV対策をすることが出産後の美肌に繋がるんですよ。