女性と出血

サプリメント管理士みつさんサプリメント管理士みつさん

妊娠すると月経が止まることはほとんどの人がご存知ですよね。そのはずなのにトイレに行ったら下着に血液が!となるとこれは本当に驚きます。ただ、正常妊娠でその後無事に出産をした人でも、25%の人が妊娠初期の出血を経験しているという調査もあり、妊娠初期の出血は決して「珍しすぎること」ではないことがわかります。



れいこちゃんれいこちゃん

妊娠初期の出血はどんな出血でも大丈夫なのでしょうか?



妊娠初期に出血はよくあることなの?


冒頭でも触れたように、妊娠初期に出血をする人は、正常妊娠でその後通常に出産をした人でも約25%の人が経験をされています。月経の予定日のころに、月経の始まりのような少量の出血(着床時出血)が起こる場合もあります。着床時出血を月経と間違えると、だるさや熱っぽさを風邪と勘違いすることも。

よくある出血例


  • おりものに出血が混じってピンクになっている
  • おりものシートに直径数センチ程度の赤い(鮮血でない)出血があった
  • 茶色もしくは黒っぽい出血がたまにある


こうした出血は受精卵が着床時に出た出血のこともありますし、妊娠で過敏になった膣内部がちょっとした炎症を起こして出血をしていることもあります。また、妊娠して検査をした際に、内診の器具によって実は膣内部がちょっと出血していて、その出血がおりものに混ざって出てきたという場合もあるのです。


こんな場合の出血には気を付けて


サプリメント管理士みつさんサプリメント管理士みつさん

妊娠期間中、一番流産が起こりやすいのは妊娠初期であるので、もし次に挙げるような出血があった場合は、すぐにかかりつけ医を受診してください



  • 月経並みの出血があった
  • 少量でも鮮血が出た
  • ダラダラと続く出血


主な出血の原因


サプリメント管理士みつさんサプリメント管理士みつさん

妊娠初期にみられる主な出血の原因についてまとめておきます。




絨毛膜下血腫


子宮には絨毛膜という包んでいる膜があります。その絨毛膜の外側に血液がたまっていると出血が出る場合があります。出血やおなかの張りがある場合とない場合があります。

絨毛膜下血腫の対処方法出血が多い場合は安静にします。切迫流産と診断されても、妊娠経過が順調であれば症状が治まれば問題ありません。妊娠が正常な経過をたどっていれば、胎盤が完成される妊娠4,5カ月には症状が治まるはずですから、赤ちゃんへの影響はありません。

月経様出血(着床時出血)


妊娠4週ごろ(本来の月経予定日ごろ)に月経時のような出血が起こる事があります。これは、妊娠していてもホルモンが妊娠前と同じように働いてしまう事があるんですね。月経時と比べて出血量は少なく、2~3日で治まります。

子宮腟部びらん


膣の奥深く、子宮の入り口がただれていると、内診などの刺激で出血をする事があります。また妊婦さんに限らず、若い女性の不正出血の原因として多く見られます。お腹の痛みや張りというような症状はなく、少量の出血があったり、おりものに血が混じる事があります。

子宮頚管ポリープ


子宮頚部の粘膜の細胞が炎症などをして良性のポリープになる事があります。ポリープから出血する事がありますが、痛みもなく自覚症状はほとんどありません。しかし、ポリープ自体が炎症を起こして、感染症の原因となって、早産してしまう可能性もありますので、場合によっては妊娠中でも切除することがあります。ポリープの大きさや位置、状態によって違いますが、切除すればほぼ問題ありません。


胞状奇胎


胎盤を作る元になる絨毛が増殖し、水泡状の粒で子宮内をいっぱいにして、赤ちゃんを吸収してしまう病気です。500人に1人ぐらいの割合で発症し、受精卵に何かトラブルがあることが多いです。自覚症状は、自分ではほとんどわかりません。つわりの症状がひどいぐらいが特徴です。茶色のおりものや少量の出血が続くこともあります。

異所性妊娠(子宮外妊娠)


受精卵が子宮内腔(子宮の中)以外の場所に(そのほとんどが卵管に)着床してしまいます。妊娠初期に、妊娠反応が陽性でつわりがあっても、子宮内に赤ちゃんが見えない場合は異所性妊娠が考えられます。症状は、卵管から出血した血液がおなかにたまり、下腹部痛と少量の出血が見られることもあります。

ただ、そのまま卵管妊娠を放っておくと、卵管が破裂するという命に関わる重要な問題になります。大童の出血や、激痛、血圧低下など起こる可能性があります。残念ながら赤ちゃんはあきらめなければなりません。また卵管破裂が起こった場合、手術で着床部分を切除する必要があります。

ですが、1つの卵管に異常がなければ次の妊娠も可能です。


子宮頚がん


子宮頚部にできるがんの事です。若い女性にも増えていて、自覚症状がないことが多いです。不正出血があるときには進行している場合も。原因はヒトパピローマウイルス(HPV)の感染です。妊娠初期の検査がきっかけで発見される
こともあります。

妊娠中に発見される子宮頚がんの多くは前がん状態(がんに向かっている状態)か初期のものです。

ごく初期のがんでは、子宮頚部を部分的に切除することがあり、前がん状態では細胞診を行いながら経過観察を続けて出産に臨みます。がんが進行していてそのままでは命にかかわるケースのみ早めに手術(帝王切開分娩後、ただちに子宮摘出)をする場合もあります。

切迫流産


また妊娠初期の流産に関しては、母体の生活などが原因になることはほぼなく、受精卵の強さが不足していたというものがほとんどです。自然界の流れでいうと「自然淘汰」で流産することの方が多いと言えます。ただ、一度妊娠状態になった子宮を、流産したからということで放置すると、体外に出きらなかった胎盤などが残り、その後の妊娠の妨げになることもあります。


病院に連絡する時は


れいこちゃんれいこちゃん

病院に連絡する時に注意した方がいい事はありますか?



サプリメント管理士みつさんサプリメント管理士みつさん

出血が見られたら、すぐに産院に連絡です。出血が少量だとしても、ひとまず連絡しましょう。自分で判断出来ない病気の可能性も十分あるのです。とくに切迫流産の場合は、早めに受診し、医師に判断してもらうことが大切です。あわてずに生理用ナプキンを当て、かかりつけ医に状況を的確に説明しましょう。



サプリメント管理士みつさんサプリメント管理士みつさん

連絡をする際には、「妊娠週数」「おなかの張りの有無」「出血の色や量」を伝えておくとスムーズです。連絡をする前に伝えるメモを準備しておくと、あわてずに済みます。たとえ出血があっても、診察して胎芽心拍が確認できれば、まず心配はありません。




旦那さんが絶対に知っておくべき事


サプリメント管理士みつさんサプリメント管理士みつさん


出血があると、どうしてもナーバスになってしまいます。お医者さんでも子宮外妊娠、切迫流産については、予測不可能な事です。起こるかどうかわからないものです。場合によっては、長期入院などの可能性もありますので旦那さんとしては、とりあえずいつでも連絡が取れるような状態を作り、手術・入院・輸血が必要になる可能性も考えておくなど、備えをしっかり行っておいて下さいね。