妊娠中には、食事で摂取した栄養が全てお腹の中の赤ちゃんに伝わりますので、食材に関してはとても神経質になる人は多いものです。しかし、妊娠中だからと言って食事を楽しめないという事はありませんし、何を食べるか工夫すれば外食することももちろんOKです。外食すると、どうしても大好きなメニューを選びがちですが、妊娠中にはできるだけ栄養バランスを考えながら、カロリーの摂りすぎにならないように気を付けながらメニュー選びをすると良いでしょう。

ファミレスでの外食はどうする?

例えばファミレスの場合には、メインメニューに対してサイドメニューをいくつかの選択肢から選べることがありますが、その場合にはできるだけスープやサラダなどヘルシーなものを選ぶと良いでしょう。ファミレスでは多くのメニューにカロリー表示がされているので、カロリーで何を食べるか決めるという方法もおすすめです。また、ドリンクバーでは炭酸飲料やコーヒーなどが飲み放題になっていたりしますが、カフェインの摂りすぎは赤ちゃんにとってあまり良くないので控えましょう。できるなら、ドリンクバーはつけないほうが良いかもしれませんね。

お肉を食べる時は


肉には鉄分が含まれているので、妊娠中でもおすすめの食材です。ただし、外食で焼き肉やステーキなどの肉料理を食べる時には、できるだけ脂身が少ない赤身を選ぶことで、カロリーを抑えることができます。美味しいタレやソースはかなり高カロリーなので、さっぱりしたレモンや塩コショウで食べるという方法も良いでしょう。

カロリーが大きく変わるのはイタリアン


メニュー次第でカロリーが大きく異なるのはイタリアンではないでしょうか。パスタでも、クリームソースはカロリーが高くなるのでトマトソースのものを選ぶようにしましょう。ちなみに料理によく使われているオリーブオイルは、悪玉コレステロールを分解してくれるオレイン酸がたっぷり入っているので、妊娠中にはぜひおすすめの食材となっています。また、サラダやスープと合わせて食べれば、栄養バランスの面でも安心ですね。