妊娠中には血液をドロドロにしないように、飲み物を飲んでたっぷりと水分補給することが大切です。飲み物の中でもベストなのは水ですが、普段から水による水分補給に慣れていない人にとっては、お茶で水分補給をしたいという人も多いのではないでしょうか。

お茶は妊娠中に飲み物としてOK?


お茶を飲むこと自体は妊娠中の水分補給という点では悪くありませんが、お茶の種類によってはカフェインがたっぷり含まれていたりするので、妊娠中には種類を選ぶことが必要です。お茶の中でもカフェインが多いものには、抹茶やウーロン茶、緑茶などがあり、宇治茶や紅茶、玄米茶などにもカフェインは含まれています。

過剰摂取にならなければ毎日飲んでも問題ありませんが、水分補給という目的でたっぷり飲むのなら、水で薄めたりして、カフェイン摂取量を制限したほうが良いでしょう。カフェイン抜きのお茶を選ぶなら、ハーブティーやルイボスティー、麦茶などがおススメです。

お茶を選ぶならこれ!


妊娠中の飲み物として、お茶を選ぶなら、GREEN DAKARAのやさしい麦茶がおすすめです。
大麦を原料とする麦茶は、カフェインがゼロです。GREEN DAKARAの原材料は、大麦、玄米、はと麦、大豆食物繊維、白米、黒ごま、海藻エキスとミネラルで作られています。

妊娠中は緑茶系よりも、麦茶!と覚えておいておくといいですね。


ジュースや炭酸飲料などの飲み物は?


炭酸飲料やジュースなどは、糖分がたっぷり入っているので、妊娠中の飲み物としてはあまりおすすめではありません。飲んではいけないというわけではありませんが、糖質の過剰摂取で糖尿病を発症するリスクが高くなってしまいます。

飲むなら1日コップ1杯程度にしたほうが安心です。ジュースの中でも妊娠中におすすめなのは、野菜100%のジュースですね。青汁などもOKです。


どうしても炭酸飲料を選ぶならこれ!


ですが、日ごろから炭酸好きな方が飲めないというのは辛いですよね。

飲み物では、ファンタやコーラ、カルピスソーダなどが有名ですが、添加物が少なくて、コンビニなどで買える炭酸飲料は、三ツ矢サイダーが妊娠中はおすすめです。

三ツ矢サイダーには、カフェインや、保存料や人工甘味料などを使用していないので、妊娠中やつわり中に炭酸飲料を飲みたい場合は、三ツ矢サイダーを選ぶようにしておくといいでしょう。


妊娠中に飲んで欲しい牛乳の選び方!


妊娠中不足しがちな栄養素といえば、カルシウム。カルシウムを補う飲み物といえば、牛乳ですよね。

ただし、牛乳といっても、なんでも良いわけではありません。市販されている牛乳をよく見ると、栄養素を追加している牛乳などもけっこうあるんですね。ですが、例えば、添加物が乳化剤として一括で表記されていると、何が入っているのか、実際よくわからない、という事もあるのです。

そこで、妊娠中の牛乳を選ぶポイントは、生乳100%の低脂肪牛乳を選ぶのがおすすめです。子供が牛乳アレルギーになるのでは?と思う方もいますが、ご両親が牛乳アレルギーでなければ不安になる必要もないですし、アレルギー体質であれば無理に飲まなくても大丈夫です。


妊娠中に飲んではいけない飲み物


妊娠中に飲んではいけない飲み物には、アルコールがあります。アルコールは、胎児アルコール症候群のリスクがあるので控えましょう。


温度も大切!


妊娠中の飲み物については、何を飲むかという点は大切ですが、冷たいか温かいかという温度もとても大切です。冷たいものだと体を冷やしてしまうので、妊婦さんにとってはおすすめではありません。できるだけ最低でも常温にしたものを飲むようにしたり、温めてから飲む習慣をつけたほうが、体を温めて血行が良くなったり新陳代謝が良くなるなどのメリットが期待できるのでおすすめです。ただし、あまり熱過ぎると火傷や舌癌の原因になる可能性があるので気を付けましょう。