妊娠中には、いろいろな食材をバランスよく食べることが、胎児の栄養補給や健康な発育へとつながります。具体的には、葉酸やたんぱく質、鉄や亜鉛などの成分を積極的に食べると良いのですが、栄養成分ではなく食材を知っていたほうが、食事の準備をする際や外食をする時には分かりやすいものです。

たくさんの栄養成分をバランスよく摂取しようとして食べる量を増やしてしまうと、妊娠中毒症などの原因になってしまうので、食べる量やカロリーは計算しながら、効率的に必要な成分を取れるような工夫が必要となります。

妊娠中に積極的に食べるもの


妊娠中に積極的に食べるものとしては、まず緑黄色野菜があげられます。色が濃い野菜や根菜には、ビタミンやカルシウム、食物繊維や鉄など妊娠中に積極的に摂取したい成分が豊富に含まれているので、できるだけ毎食たっぷり食べたいものです。野菜は生食すると栄養成分を逃がさずに摂取できますし、酵素なども摂取できるというメリットがありますが、お腹がいっぱいになりやすいので、煮たり蒸したりと加熱調理をしたほうが量的にはたっぷり食べられます。

大豆製品もおすすめ


納豆や味噌、豆腐などの大豆製品も、妊娠中に積極的に食べるものです。植物性のたんぱく質が豊富に含まれていますし、カロリー的にも肉など動物性たんぱく質を含む食材よりもヘルシーなので、カロリー過剰摂取による妊娠中毒症を予防することにつながります。また、大豆にはビタミンやミネラルも豊富に含まれていて、栄養価はとても高い食材と言えます。


きのこもいいよ


きのこ類もおすすめです。しめじやシイタケ、えのきだけなどのキノコ類は、カロリーが低くヘルシーな食材ですし、サラダに入れて生食したり、蒸し物や煮物、炒め物などにも入れることができてどんな食材とも相性が良いので毎日たっぷり摂取しやすい食材です。また腹持ちがとても良いので、妊娠中にお腹がすいて仕方ない時などには、きのこ類を活用すればダイエットとしても使うことができる便利な食材です。


yousansbaner