妊娠超初期症状の症状についてまとめてみました。もしかしたら妊娠したかも?と思う方はチェックしてみてくださいね。

熱や微熱が出たときに知っておきたいこと


卵子と精子が受精して子宮内膜に着床すると、妊娠が成立します。そうすると、排卵日前と比べると体温は幾分か高くなりますが、ホルモンバランスが崩れたことによって微熱や熱が出てしまう事はあるようです。もしも妊活をしている人が熱や微熱を出したら、それはもしかしたら妊娠が成立して起こる妊娠超初期の症状かもしれません。

食欲で知っておきたいこと


妊娠すると、自律神経やホルモンバランスが崩れるため、食欲が増す人もいれば、つわりの症状が早く起こって食欲がなくなってしまう人など様々です。食欲がないから妊娠というわけではありませんし、食欲旺盛だから妊娠というわけでもありません。食欲については妊娠期間を通して個人差があることは、あらかじめ理解しておいた方が良いでしょう。食欲がなくて食べられないという場合には、葉酸サプリなどのサプリでしっかり栄養補給をしてくださいね。

寒気で知っておきたいこと


妊娠超初期の症状には、寒気があります。これは、妊娠が成立したことによって自律神経がバランスを崩してしまうことが原因で起こる症状で、特に心配する症状ではありません。悪寒を感じた時にはできるだけ体を温かくして、冷やさないように気をつけるようにすると良いでしょう。

下腹部痛について知っておきたいこと


妊娠超初期には、子宮内に受精卵が着床して発育を始めるため、子宮壁が引っ張られて下腹部痛を感じることがあります。少し横になればよくなる人が多いのですが、日常生活に支障をきたすほど痛みが強い場合には、もしかしたら別の原因による痛みかもしれませんので、病院を受診することをおすすめします。

胃痛で知っておきたいこと


妊娠超初期ではまだ子宮の大きさは小さいので、子宮が胃を圧迫して胃痛が起こるという事はありません。しかし、妊娠が成立したことによって自律神経やホルモンバランスが崩れ、それが胃痛につながっている可能性はあります。できるだけ胃に優しいものを選んで食事をするようにし、冷たすぎるものや刺激が強いものは避けたほうが良いでしょう。


yousansbaner