kiwotuke_s
3人目の妊娠で気を付けるべきことはある?

第1子の時は初めてて緊張、2人目は上の子をどうすればいいか悩んだ、でも妊娠も3回目になると余裕〜…なんて声を聞いたりすることはよくあります。ママもパパも第3子ともなると、緊張より「可愛いだろうな」という余裕の気持ちを持てることが多いと言われています。しかし3人目の妊娠には3人目の妊娠なりのリスクがあるのです。

今回は3人目妊娠で気を付けるべきことに関してご紹介します。


3人目は切迫早産になりやすい?


妊娠経験に体が慣れてくると、出産も早く進んだり、安産になることも増えるということですが出産が早く進むということは、1歩間違えれば切迫早産のリスクも高まるということになります。また、第3子となると第1子はすでに幼稚園や小学校へ通っている可能性が高いので、「どうしても外せない用事」が出てくることも多いですね。

毎日のお弁当作りや習い事への送り迎え、宿題を見るとか友だちの家で遊ぶ時の送り迎えなど子どもの生活を極力リズムを崩さずに自分の健康と妊娠を守るのは至難の業です。ですから、第3子の妊娠がわかったら、早めに病院に行って、妊娠の状況を周囲に説明して手助けしてもらうようにするのが大事。

自分1人で色々な事情や仕事を抱え込むと、健やかな妊娠が維持できなくなる恐れもありますからね。


手伝えることは子どもに手伝ってもらおう


第3子妊娠となると、子どもも上の子は小学校に行っていて、自分のことやお手伝いがそれなりにできる年齢になっています。ですから、できれば第3子を妊娠したら、1度は一緒に病院に連れて行って、家事や自分のことに関して自分でできることは自分でするように協力を求めましょう。

家族は親が頑張るだけで維持するものではありません。

家族が困っていることは、それぞれが補い合うのも大事な勉強です。

つわりでしんどい時、お腹が張る時、妊娠に関してちょっとした手助けが必要な時は、子どもにも手助けをしてもらえば、子どもも子どもなりに「弟妹が増えるんだ」という自覚が自然に生まれてくるはずですよ。