薬の服用について

れいこちゃんれいこちゃん

妊活中に使用した薬は妊娠に影響や副作用が出るものですか?


サプリメント管理士みつさんサプリメント管理士みつさん

普段使うような風邪薬や生理痛関係のお薬などは特に気にしなくても大丈夫ですよ。妊活中というのは、身体を冷やしにくくするとか血液の巡りを良くするような食事にしたり、生活リズムを整えたりする人が多いですよね。ただそうした「妊活」は、妊娠をしている状態ではないので、普段飲むような薬を使うことと言うのは特に気にしなくても妊娠しやすさに影響はないです。



妊活中の薬は基本的に気にしなくても大丈夫

サプリメント管理士みつさんサプリメント管理士みつさん

妊活中というのはまだ妊娠をしているわけではないので、普段使うような風邪薬や頭痛薬、生理痛時の鎮痛剤、便秘薬などは特に何も気にすることなく使えます。妊娠前に服用しており、妊娠がわかった時点ですぐに服用を止めるのであれば、妊娠後に影響が現れる薬は今のところありません。


サプリメント管理士みつさんサプリメント管理士みつさん

特に妊娠しやすい環境にすることに対して、ストレスを溜めないというのは大事なので頭痛があるのに妊活中だから我慢してストレス値を上げるくらいなら、用法用量を守った使い方で薬を服用して、ストレスを溜めないことの方が大事です。


かなちゃんかなちゃん

ストレス対策の為にもビタミンCをとろー!


れいこちゃんれいこちゃん

では、薬で気をつける点とかはありますか?



妊活中に使用を気を付けたい薬はある?


サプリメント管理士みつさんサプリメント管理士みつさん

妊活中に特に気を付けるべき薬と言うのは、普段飲む種類の薬にはほぼありません。しかしながら実はこのことは「普段飲み続けてもOK」と言っているわけではないので、継続的に服用しなければならない薬がある場合、妊娠したことがわかったら、主治医に相談して、妊娠後も服用できる種類の薬に切り替えたり、場合によっては服薬を止めたりすることが多いですね。



サプリメント管理士みつさんサプリメント管理士みつさん

ただし、妊娠前でも、抗がん剤や免疫抑制剤のような薬には注意が必要です。心配な場合早く主治医に相談しましょう。



れいこちゃんれいこちゃん

頭痛や生理痛で使用することの多い非ステロイド性抗炎症薬などはどうですか?



サプリメント管理士みつさんサプリメント管理士みつさん

これは、できる事なら避けたい薬ですね。例えば成分としてはメフェナム酸やジクロフェナクナトリウム、イブプロフェンが配合されている鎮痛剤は注意事項に「NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)を長期投与している女性の中には【一時的な不妊の報告】があることを」を伝えています。



かなちゃんかなちゃん

つまり、どうしても痛みでしんどい時に使うことは仕方ないけど、日常的に鎮痛剤を使うことはやめたほうがいいという事ですか?



サプリメント管理士みつさんサプリメント管理士みつさん

そうですね、また、妊娠中に罹ると大変危険な風疹などは必ず「妊娠の可能性が全くない妊活中」に受けることが大事です。風疹は生ワクチンなので、妊娠の可能性がある時は絶対に受けてはいけません。


サプリメント管理士みつさんサプリメント管理士みつさん


逆にインフルエンザなどのワクチンは妊娠中(中期以降)に予防接種を受けても大丈夫と言われています。しかしやはり気になる人はできるだけ妊活中に摂取を受け、どうしても妊娠中に受けなければいけない予防接種がある時は医師としっかり相談をしてください。



れいこちゃんれいこちゃん

もし妊娠中にお薬飲んでしまったらどうしたらいいですか?



妊娠に気付かずに薬の服用をしてしまった場合


サプリメント管理士みつさんサプリメント管理士みつさん

もし、妊娠に気づかない段階で薬を服用してしまった場合や、あるいは妊娠してから飲んでしまった場合は、1薬の名前、2量、3飲んだ日にちをメモしておいて、専門外来に相談しましょう。



サプリメント管理士みつさんサプリメント管理士みつさん

相談できるのは「妊娠と薬外来」を設けている病院か、厚生労働省の事業としてあり「妊娠と薬情報センター」です。妊娠と薬情報センターでは、WEBサイトからダウンロードした問診票を送付して相談することができ、薬の服用から生まれてくる赤ちゃんの催奇形性の確率を知ることができます。忙しい女性にはとても便利ですよ。