20代と30代とでは、妊娠にたくさんの違いがあります。まず、妊娠率や流産率が大きく異なり、年齢を重ねた30代になると、自然妊娠を希望していてもなかなか成功しなかったり、初期に流産しやすいなどのトラブルが起こりやすくなります。これは、女性ホルモンの分泌が25歳をピークに減少するという点や、生殖機能が33歳をピークに機能低下が始まるという点と大きく関係しているためです。妊活している人なら、できれば20代のうちにトライしたほうが自然妊娠しやすいでしょう。30代でも自然妊娠することは可能ですが、年齢を重ねることによって確実に妊娠しにくい体になっていきます。そのため、妊活中の人は1年程度自然妊娠に挑戦しても授からない場合には、医療機関で検査を受けるとか不妊治療を始めるなど、より効果的な妊活が必要となります。

分娩の時にも、20代と30代とでは大変さが異なります。30代の妊婦さんは、妊娠中に高血圧や蛋白尿になるなどトラブルを起こしやすいですし、体力的にも低下しているので分娩が長引く傾向があります。また、30代になるといろいろな持病や慢性病を抱える人が増えますが、妊娠中にこうした持病が悪化することが多い点も、30代がかかえるリスクと言えるでしょう。特に、中毒症や糖尿病などは、発症すると胎児にも母体にも悪影響が出てしまいますし、最悪の場合には重大な後遺症が残ってしまうこともあるので注意しなければいけません。

30代と言っても、前半ならあまり20代と体力的な面でも身体的な面でも大きな違いはないため、年齢による違いを自覚したり実感することは少ないようです。しかし、30代も後半になると、体力的にも身体機能的にもガクンとこれまでとは違う部分を実感し始めることが多く、出産まで妊婦でいるだけでもかなりハードだと感じる人が増えます。仕事をしている人にとっては、妊娠と仕事の両立が難しい事もありますが、頑張りすぎずに規則正しい生活やバランスの取れた食生活を心がけながら乗り切りたいですね。