40代で自然妊娠する確率は、決して高くありません。その理由は、妊娠するために必要な女性ホルモンの分泌は、25歳をピークに減少していますし、卵巣の機能は35歳をピークに低下していて、卵子そのものの質も低下しているためです。20代では1周期における自然妊娠率は30%程度ととても高いのですが、40代になると5%まで低くなり、45歳になると自然妊娠率はわずか1%にまで低くなってしまいます。また、それと同時に流産発生率は年齢とともに高くなり、40代における流産発生率は40%~50%、つまりなかなか妊娠できないだけでなく、妊娠できたとしても流産する確率がとても高い事になります。

40代で妊娠するための期間は?


40代での妊娠は簡単ではありません。ただし確率はゼロではないので、自然妊娠できる人も中にはいます。しかし、年齢を重ねるごとに成功率はどんどん低くなってしまうので注意が必要です。半年~1年程度自分たちでセックスのタイミングや回数を工夫しながらトライしてみて、自然に妊娠しない場合には、不妊検査を受けてみたり、不妊治療を受けて医学的な方法で赤ちゃんを授かる方法もぜひ検討してみてはいかがでしょうか?体外受精などの方法は、自然妊娠よりも成功率は高くなりますが、それでも年齢を重ねることで成功率は低くなってしまいます。妊活するなら出来るだけ効率的な方法で行うことが必要です。

妊娠しやすくするために出来ること


40代で妊娠しやすくするためには、生活習慣や食事を徹底的に見直して、不妊を引き起こすリスクを出来るだけ排除すると良いでしょう。また、食事からは十分に摂取できない栄養素の中には、生殖機能を活性化してくれたり、女性ホルモンの分泌を活性化してくれるようなものがあるので、サプリを活用しながら妊活をするという方法もおすすめです。妊活中にはイライラしたりストレスを感じたり、またなかなか成功しない不安から情緒不安定になってしまうことが少なくありません。しかしそうしたストレスは不妊の原因にもなるので、できるだけ楽しく幸せな毎日を送ることを心がけましょう。

40代で妊娠で考えられるリスク


40代の妊娠には、様々なリスクを伴います。これは、年齢によって卵子の質が低下してしまうためで、妊婦検診では40代の高齢出産については様々な検査を行うことで対応しています。

ダウン症


ダウン症とは、染色体が通常よりも1本多いという疾患です。生まれてからかかる病気ではなく、染色体という遺伝子レベルで起こる先天的な疾患で、高齢出産になるほど発症率は高くなることが分かっています。20代の出産では、ダウン症発症率は1000人に1人程度と言われていますが、40歳になると90人に1人の割合となり、45歳では22人に1人というとても高い発症率となっています。高齢出産の場合には、出産の前に胎児がダウン症ではないことを調べる羊水検査を行っているので、前もって知ることは可能です。

流産


40代妊娠では、流産のリスクも高くなります。これは、卵巣などの生殖機能は35歳をピークにして機能が低下してしまうためで、卵子そのものの質も40代になると低下することが分かっています。流産発症率でみてみると、10代や20代の若い年齢でも15%程度ありますが、40歳になると40%、45歳では50%ととても高い確率で流産しやすくなってしまいます。これは胎児側に原因がある場合もあれば、母体側に原因がある場合もありますが、年齢を重ねることで流産発症率が高くなることは、胎児側の原因によるものが大きいと言えるでしょう。

障害など


40代で妊娠すると、お腹の胎児に発育障害が起こるリスクが高くなります。ダウン症などの染色体異常もその一つですが、遺伝子の異常によって起こる発育障害に関しては、予防することも治療することもできません。卵子と精子が受精して作られる受精卵は、母体から栄養をもらいながら40週かけて全身の機能を作り上げ、そして赤ちゃんとして生まれてきます。しかし、胎児の段階で発育障害が起こってしまうと、機能的に未完成のまま生まれてくることになったり、身体的な障害を持って生まれてくることもあります。